減量日誌

うつ病と向き合いつつ、断捨離と減量を頑張ってるブログ。

【日記】12月30−31日、思考中

概要

12月30日は本当にずーっと寝ていた。最近睡眠時間が安定していない。

13時過ぎに家を出たのち、予備校のある街らへんをうろうろして、予備校が開いてないことに気づく。その後ジムのある街をうろうろした。

それで、ジムの中でも特に何をすることもなく、iPhone充電だけして出て来た。なんか気力が湧かない、、

12月31日は、朝こそ6:30に起きれたものの、動き出しは相変わらず遅かった。相変わらず予備校のある街へ移動。ここで街の激混みに気づく。混み過ぎて落ち着かず。

そして、新規開拓ということで初めての図書館へ移動して見る。しかし、年末年始開いている貴重な図書館ということで受験生だらけ。

なんか至る所に高校生みたいな子が多く、とても落ち着かなかった。みんな大きな声で喋っていたし、席は埋まって居た。バスに揺られて帰宅。思い立ったように一人神社に向かう。神社でお賽銭を投げて来た。

厄払いだ。去年は散々だったから、今年が良い年になるように頑張ろうという。

そして、また帰路に着いた。その時に頭に浮かんだこと。逃げ道を断つということも時には必要なのではないか?逃げ道を作るように生きるから、道が定まらないのだ。

はて。

帰宅したがすべてのことにやる気がしない。

とりあえず、頭の整理としてこの日記を書いて見た。

もうちょっとましな部屋に住みたい。もっとスッキリとしていていい。

今日は、おおまかに英語の勉強方法を考え直していて、リスニングの教材をこれから用意したいと思っているところ。