減量日誌

うつ病と向き合いつつ、断捨離と減量を頑張ってるブログ。

【日記】3/19 勉強へうつる

概要

昨日は朝遅く家を出たのち、再び予備校のある町まで出て、お昼ご飯を海苔弁にして食べて、そのあとカフェでブログを書く。この時決意を新たに物理に取り組むことにする。夕方からツレと合流してM町の辺境の図書館へ。ちょっと捗ったが、その後話し合いになる。正論を言っても何も変わらないことがわかってきた。

これまで先のことをあれこれ考えたり、お互いの対処方法などを年単位で時間をかけて、初めて一歩の前進にもなっていないことに気がついた。単に精神力を浪費してるだけである。というのは、やはりやはり根底に人マターなことがあると、話もあれこれとした想像の話が前提になり、良くない方向に進む。人マターなことを話しても無駄なのかもしれない。そもそも、周りがきちんと味方でいてくれたらこういう状況は生み出されていない。みんながそれぞれの思惑を持ち、それに従ってこちらの思うようにはいかない状況が形成される。なので、先のことを予測していてもなかなか厳しいし、やってみてダメなら辞めるという判断も必要なのかもしれない。

 

つまり、お互いの性格とか対処方法が悪いのではなく、単に状況と能力がマッチしてないという判断が遅れたのではないか。そんな気もする。しかし他人のことを良くわかるというのは難しい。どうやっても思惑を持つ人が、生殺与奪を握る方向に転ぶ。どうしたらよいのだろう。

付け込まれるということか。

というわけで寒い中話し合いを延々としたが、2日くらい前にもトイレで緊急の話し合いをしたし、なんんかもうそういうのが本当に嫌になってしまった。これもそれも、第三者の他人が感情的になった結果、生み出された状況である。状況に流されるな、状況を笑え。自らコントロールすることなど出来ない。ならば、それを笑っているしかないのではないだろうか。なんかあれこれ苦慮したところで何も進まないのだ。なら、笑いながら一歩ずつ踏み出した方がマシだろう。感情とは。自分に最も遠いもので、最も影響を与えてくるものである。

夜はそういう訳で色々苦慮しながら、掃除をして寝た。やはり、掃除をするまで疲れへたってしまい、その結果始まりが12時半だった。パソコンの下のものを処分した。捨てるかどうかの基準がかなり変わったと思う。どんどん捨てよう。情報量を減らさなければ。

さて、今日は9時に遅く起きたが、たすくまでスラスラ動き出すことが出来た。さて、物理の勉強道具と参考書と、必要物資(1ー2年分)を揃えて、そしたら次は化学と数学についてのやり方を考える。一つ一つやっていく。もう時間的余裕はないのだ。

 

睡眠

f:id:eutopia1315:20180319120356j:image

やはりへたってしまってから断捨離開始となる。

掃除機をかけたり、きちんと掃除した方が睡眠効率が上がっている気がするので、それをきちんとしていきたい。

一息休むタイミングの問題な気がする。休むのを外で効率的にしてから帰宅すればだな。。。いいのだけど。

 

減量

f:id:eutopia1315:20180319120358j:image

 上がってきた。昨日は水を買いそびれたし、あてにしてた給水機が壊れていた。

 

今日の目標

まず、ツレの方の計画と方針練り直し。

お互いの節約方面を走り出させる。

そのあと、物理の素材について発注。

化学について取り組む。

そこまでを3時までに終了させて、どっか籠りたいと思う。

物理は、終わりまでにこなす参考書を羅列した。途中をいくつか省く必要がある。暗記内容は電子的に管理する。Numbersに打ち込んでいる。語呂合わせも含め、感覚で覚えるのではなく、しっかり確認できるようにしたい。

化学はひたすら知識の羅列なので、フローチャート的暗記を先に済ませる。そのあと細かい知識を全て理解しながら、エクセルに打ち込んでおく予定。必要な教材を発注してしまおうと思う。

数学は結局また青チャートと赤チャートとかになると思う。しかし、覚えにくいとこは覚えにくいし、授業を聞く必要があるように思われる。