減量日誌

うつ病と向き合いつつ、断捨離と減量を頑張ってるブログ。

【所感】7/13昼まで 大いなる我慢

昨日は精神崩しておしまい。朝から都内に出たものの、色々事務作業して、また過去のことで処理があって、精神的にきつくなり、勉強できないな、ってなって、早期帰宅して、そのまま家で寝ておりました。人に会ったり、関わったりしない方がいい。しばらく頭のこんがらがった糸をほぐすような作業をしている。

しかし考えれば考えるほど厳しい。どうしたら良いのだろうか。

たぶん、誰かにわかってもらおうとか、聞いたりしてはいけないのだと思う。それが第1。

それから、このきつい時に勉強は辞めておこう。それが第2。

肩が痛いので、良く運動しよう。

自分の心境とかどうしたいのかとかを、わかってもらえないという現実にようやく気付きつつある。

今まで、自分は本当にわかり合っているなら、論理的に解を出すことが可能だと思っていた。しかしそうでもない。周りの人はみんな自分の立場があるし、わかってもらえないし自分が傷つくことを平気で言ってくる。それにハイハイ従っていて、ここまで状況を悪化させてしまった。ということは、やはり人に聞いても何にもならないんだなぁと思った。というか、関わらせてはいけない。どうせ、その場その場で手のひら返されるのだろう。

受験勉強の愚痴をツイッターなんかで見ていてさ、それででもいい成績で、お、すごいじゃんなんて思ったりして

でも本人はそれが嫌なわけ。それが、なんでなのか良くわからなかったんだよね。そしたらもっと良い成績目指すとか良くわからないことを言っていて、ここに一種の矛盾がある。嫌なのになんでさらに嫌なことをやるんだ?愚痴るんだ?そこまで頑張らなくてもいいじゃないか。というか、その勉強自体にはそこまで頑張らなくても同じ対価が手に入るような抜け道もあるのに、あえてそうしない。それはもう自分からしたら意味不明。

だから俺はもしそいつに会ったらこういうだろう、本当にそれやりたいのか?モチベーションの根源を聞かせてくれ、って。そうだろう。それを叶えるのが先決だろう。だからもう、目的がすり替わっている。そして自問自答が始まる訳です。自分にこれを置き換える。

そう言う自分はモチベーションがあるのか?

割り切れないものに蓋をして進むことも時には必要だろう。しかし、それで自尊心傷ついたままで、進めるのか?うやむやにしましょうって、あんたそれは違うよおかしいよって、言いたくてしょうがない。でも本音を言っていいのか?本音を言ったって解決しないし、より戦いが激化していくだろう。というか、もう現時点で結構な戦いなので、もうどうしようもないのじゃないか。それなのに周りの人間は戦えというのか?おれはもう戦いたくない。時間が、お金が、もう無い。気力がない。

争いというのは、どうやって納めるのだろう。自分から手を引くしか無いんじゃないか。我慢して我慢して。兎に角我慢したらいいんじゃないだろうか。その場に居てはいけないだろう。

悪いことを考える僕は負を引き寄せる。変な人、悪口、邪魔な人、なんかそういうものが寄ってくる瞬間がある。

大いなる我慢の時なのではなかろうか。どこまでどうやって。その境界線を付けることができずにいる。

勉強が手につかないので、しばらく運動をしようと思います。

本音を言えないなら、もういっそ全部自分が悪いことにしてしまった方がいいのでは無いだろうか。そんな気がする。多分そうなのだろう。そして、自分のモチベーションにそっと蓋をして、生きていこう。