減量日誌

うつ病と向き合いつつ、断捨離と減量を頑張ってるブログ。

【日記】10/5 朝まで 思い通りにならない

10/4

朝から地元に滞在、日記を書くがあまり時間が無く、すぐ病院へ。病院2件ハシゴ。しかし異様に疲れた。

勉強道具を持ち歩いたが、なんか太ったかのような感覚を覚えて、他の人とぶつかりやすくなるような感覚を覚えて、雨の日はやっぱり用心しないとなぁと思った(今日はもう荷物をロッカーへ戻した)。

そして、これからの新しい生活リズムを長いこと考えていたがまとまらず。

仕事になったら、案外仕事が楽しかった。1日の中で、考えたり病院行ったりはすごく苦痛で、楽な仕事に逃げているような感覚だった。遅くに帰宅してからすごくモヤモヤしたが、部屋の片付けなどを馬鹿真面目にちゃんとやって時間がかかり、iPhoneのバックアップを取ったりして1時になった。もっと計画的に生きたい。

 

生活リズムについて

今悩んでいることは、とにかく勉強時間が確保できないところ。

やりたいことが多すぎる、というとただのわがままだが、やらないとまた周りからなんかしら邪魔される、くらいの感覚でバランスを要領悪く取っているような感じである。いい加減、疲れてしまった。このウロウロ生活するスタイルに。雨が長く降っているせいもあるかもしれないが、生活スタイルを考えるのは、産みの苦しみがあっていつも辛い。わからない、正解が。しばらく考えているうちにまた休日が来てリズムが崩れてわからなくなる。黙っていると仕事に流されてそれだけになってしまう。落ち着いて、今日は考え直したい。理想を書くのは簡単だが、現実は違う。過ごしやすさや気分がある。リスク回避もある。考えだすとキリがないところもあるし、どうせまた季節が変われば考え直さなきゃならなくなってくるだろう。難しい。

 

今後のことも考えて、ある程度のテンプレートは必要な気がする。考え方のテンプレートである。それを元に、もっと楽に出せたらいいな。

 

あと、いつものことではあるけれど、放置しているとやるべきこと、返事すべきメール、ラインが溜まっていく。それがすごく煩わしい時がある。すぐにリアクションしないと、どんどん溜まっていて、いつまでも脳裏を離れない。リアクションすると時間が無くなるがスッキリはする。このイタチごっこも疲れたなぁ。

勉強以外に全力を出すのもそろそろ限界な気がする。

 

家出時刻

f:id:eutopia1315:20181005095223p:image

遅くなってきた。兎に角早く眠れない。いつも宣言しているが6:45目標。そのためには6時に起きる。そのためには23時には寝る。

 

睡眠時間

f:id:eutopia1315:20181005095203j:image

就寝時間をなんとかして23時に。帰宅後色々片付けてしまうのが良くない、今は。

あと結構最近ストレスが溜まっている。このストレスをうまく抜けないか。といって、原因はいつもの雨にあるような気がする。

 

減量

f:id:eutopia1315:20181005095207j:image

ちょっと食べ過ぎたが、思いのほか増えなかったのは良かった。

今日はジムに寄るが、規定量走り込むのは時間的に厳しいかもしれない。それもストレス。なんか一気に1日が回らなくなってきた。

 

習慣化リスト

f:id:eutopia1315:20181005095217j:image
f:id:eutopia1315:20181005095220j:image
f:id:eutopia1315:20181005095205j:image

復活させたことで、ちょっとずつ意識するようにはなってきている。

とりあえず病気を悪化させないように、規則正しく。

23時就寝→22時半から50分くらいに布団の上にいるように改善。

目覚ましは6時につけよう。

運動は単に時間捻出がものすごく難しくなっているのと、結構ヘトヘトで行ってもジムで寝転がっていたりしていることが多い。今日ももう疲れている。

 

たすくま

f:id:eutopia1315:20181005095211j:image
f:id:eutopia1315:20181005095213j:image

生活必要時間を減らしている途中。

しかし、移動が長かった。疲れたのはそういうことなのか。病院デーは疲れる。

 

色々書きましたが、たぶん臨時タスクを一気に片付けてしまった方が良さそう。本当に溜まっていてそれがのしかかっていて疲れている。そう思ったら善は急げなのである。ジム前に移動して時間いっぱいまで取り組んで片付けてしまおう。あんまり時間ないけどな。

まぁ、片付けたら片付けたで次の矢が降ってくるし、また移動が必要なタスクも多いし、思い通りにはいかないのだ、何事も笑